遺失利益との違い

Pocket

交通事故の示談交渉でおこなわれる示談金は、損害賠償のすべてを包括したものになってきます。慰謝料も含まれたものであり、かなりの金額になってくることを忘れてはいけません。つまり、遺失利益や休業損害も入れていかなければいけないということです。遺失利益とは、本来得られたはずの給与所得などを指します。これが交通事故によって得られなくなったのですから、大きな損害となるでしょう。休業補償とは異なるものであり、働くことができずに得られなくなった所得を指します。この二つは似ているようでまったく別の性格を持っていることが重要です。

脚遺失利益は、休業補償とは異なり、交通事故によって受けた怪我の症状が固定したあとでも働くことができなくなり、失ってしまった収入を指しています。つまり、どの時期を境目にして計算するのかが、違いとなって表れるとことがポイントです。

遺失利益と慰謝料の違いも考えておかなければいけません。慰謝料は精神的な損害であり、遺失利益は資産を含めた財産的損害です。慰謝料は肉体的にも精神的にも受けた損害であり、悲しみや苦しみが評価の対象となることが、遺失利益との大きな違いになってくるといえるでしょう。収入の減少に対して慰謝料が支払われることがない点に注意が必要です。