交通事故の示談交渉

Pocket

事故現在の交通事故を考えてみると、その多くが被害者と保険会社で示談交渉をおこなうことになっていきます。車同士の事故になると、どちらかだけに過失があるとするのは、後方からの追突ぐらいであり、ほとんどはわずかでも過失が出てくる可能性も否定できません。これまでのかたちを考えてみると、被害者と加害者で交渉をおこない、そこで出た結果を保険会社に報告して終わることが流れでした。これが保険会社との交渉となることになると、自動的に金額が算出されて請求されることになるでしょう。この金額に納得できればサインすることになります。

たしかに確実な方法であるのは確かです。当事者同士の交渉に比べれば、冷静な交渉になりますし、時間も短くすることができます。話もしやすい相手に感じるのは、プロだからです。その反面で、相手は交渉のプロであるということを忘れてはいけません。損害保険の専門家であるだけではなく、交渉に関してもプロといっていいでしょう。その状況の中で示談交渉をしても、自分にメリットが出てくるかといえば、保険額はどんどんと下がるだけです。保険会社としても、余計なお金は支払いたくないからです。

交通事故の被害者として、その損害に見合わないような状況にしてしまうことは不幸でしょう。示談交渉には、必ずポイントがあります。そのポイントを抑えながら、有利に交渉を進めていくために、サイトの中にある情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。