納得がいく金額か

Pocket

電卓交通事故の示談交渉では、相手はできるだけ支払い額を下げたいと考えています。保険会社ですから当然の行動ではありますが、その手に乗ってはいけないでしょう。示談を提示されることになっても、金額に納得がいかないようなものであれば、応じてはいけません。いきなり高額の示談金を提示することは考えられないことです。できるだけ抑えるようにしていくことになるため、納得がいかなければ応じないのが基本といえます。

どんな損害賠償をしてもらうことができるのか、自分の受けた損害とともに計算できるようにならなければいけません。自分で交渉するのであれば必須のポイントですが、相手の思う通りにすれば、失敗したと感じることになるでしょう。それほど低い金額が提示されることも出てくるからです。

あまりに低いと感じた時には、弁護士の算定基準を参考にしてみることも必要になります。損害賠償には、いくつかの算定基準がありますが、任意保険では消して高くはありません。自賠責保険の算定基準よりは高くなっていますが、これでも満足できないことは良くあります。この場合には、弁護士会基準で計算して交渉することが必要です。しかし、素人では交渉できないレベルでもあることから、まずは弁護士に相談して交渉を考えることも候補に入れなければいけません。