遺失利益との違い

交通事故の示談交渉でおこなわれる示談金は、損害賠償のすべてを包括したものになってきます。慰謝料も含まれたものであり、かなりの金額になってくることを忘れてはいけません。つまり、遺失利益や休業損害も入れていかなければいけないということです。遺失利益とは、本来得られたはずの給与所得などを指します。これが交通事故によって得られなくなったのですから、大きな損害となるでしょう。休業補償とは異なるものであり、働くことができずに得られなくなった所得を指します。この二つは似ているようでまったく別の性格を持っていることが重要です。

脚遺失利益は、休業補償とは異なり、交通事故によって受けた怪我の症状が固定したあとでも働くことができなくなり、失ってしまった収入を指しています。つまり、どの時期を境目にして計算するのかが、違いとなって表れるとことがポイントです。

遺失利益と慰謝料の違いも考えておかなければいけません。慰謝料は精神的な損害であり、遺失利益は資産を含めた財産的損害です。慰謝料は肉体的にも精神的にも受けた損害であり、悲しみや苦しみが評価の対象となることが、遺失利益との大きな違いになってくるといえるでしょう。収入の減少に対して慰謝料が支払われることがない点に注意が必要です。

納得がいく金額か

電卓交通事故の示談交渉では、相手はできるだけ支払い額を下げたいと考えています。保険会社ですから当然の行動ではありますが、その手に乗ってはいけないでしょう。示談を提示されることになっても、金額に納得がいかないようなものであれば、応じてはいけません。いきなり高額の示談金を提示することは考えられないことです。できるだけ抑えるようにしていくことになるため、納得がいかなければ応じないのが基本といえます。

どんな損害賠償をしてもらうことができるのか、自分の受けた損害とともに計算できるようにならなければいけません。自分で交渉するのであれば必須のポイントですが、相手の思う通りにすれば、失敗したと感じることになるでしょう。それほど低い金額が提示されることも出てくるからです。

あまりに低いと感じた時には、弁護士の算定基準を参考にしてみることも必要になります。損害賠償には、いくつかの算定基準がありますが、任意保険では消して高くはありません。自賠責保険の算定基準よりは高くなっていますが、これでも満足できないことは良くあります。この場合には、弁護士会基準で計算して交渉することが必要です。しかし、素人では交渉できないレベルでもあることから、まずは弁護士に相談して交渉を考えることも候補に入れなければいけません。

交通事故の示談交渉

事故現在の交通事故を考えてみると、その多くが被害者と保険会社で示談交渉をおこなうことになっていきます。車同士の事故になると、どちらかだけに過失があるとするのは、後方からの追突ぐらいであり、ほとんどはわずかでも過失が出てくる可能性も否定できません。これまでのかたちを考えてみると、被害者と加害者で交渉をおこない、そこで出た結果を保険会社に報告して終わることが流れでした。これが保険会社との交渉となることになると、自動的に金額が算出されて請求されることになるでしょう。この金額に納得できればサインすることになります。

たしかに確実な方法であるのは確かです。当事者同士の交渉に比べれば、冷静な交渉になりますし、時間も短くすることができます。話もしやすい相手に感じるのは、プロだからです。その反面で、相手は交渉のプロであるということを忘れてはいけません。損害保険の専門家であるだけではなく、交渉に関してもプロといっていいでしょう。その状況の中で示談交渉をしても、自分にメリットが出てくるかといえば、保険額はどんどんと下がるだけです。保険会社としても、余計なお金は支払いたくないからです。

交通事故の被害者として、その損害に見合わないような状況にしてしまうことは不幸でしょう。示談交渉には、必ずポイントがあります。そのポイントを抑えながら、有利に交渉を進めていくために、サイトの中にある情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。